造船生産設計   
船体生産(HULL)   
IMG
造船生産設計
船体生産(HULL)

適用分野および効果

 

3D
Modeling

- 3D Modeling基盤で手軽で素早いモデリング
- 既存外国製システムに比べて時数50%節減

2D↔3D
Collaboration

- 2D Draft機能が2D、3D空間に関係なくリアルタイムで作業可能
- 2D Draftで作成された図面を利用して迅速で正確な縦部材および横部材モデリングが可能
- 2D図面作業後、Model修正時のCheck機能を通した図面Update機能

各種In-House Program
を含む

- Modeling+組立図(Assembly Drawing)+加工図(Nesting Drawing)の一括作業を可能
- 独自の検図Check Program Rule Check Programおよびその他In-House Programを含む
- 他国製システムに比べて優れた費用節減

すぐに使用
できるシステム

- 国内造船所の生産PracticeおよびStandardを基本的に含む
- 国産システムで迅速な対応およびサポート

内部材の主な特徴

 

編集設計を利用した類似船の作業

  • 船形の変更、すなわち船の長さ、幅、高さの変更に対応してRelationとParametricを利用して類似船のmodelingを容易で素早く編集することができる
  • Deckの高さが変更された場合、Deckの位置により再生成し、Frame Space、Long Spaceが変更されても再生成可能

生産情報の一括修正/追加および検図時数節減

  • Modelingから生産用Part情報を一括確認、修正し、Excess、Shrinkage、bevelなどの入力エラーを視覚的にリアルタイムで確認し修正可能
  • 設計者は常に生産用Partの形状および生産情報をリアルタイムにCheckし、エラーがないことを一次的に確認/修正可能

In-house programを含む

1. Modeling+ Assembly Drawing(組立図)+ Nesting+ Cutting Drawing(加工図)バッチジョブ可能
    外国製システムに比べコスト削減

① Nesting 作業
  • Multiple/ Single Sheet単位Nesting作業
  • Thickness/ Grade/ Stage別Auto Prenesting作業
② Hand Cutting Drawing
  • Profile/Stripping Part-Detailして正確なHand Cuttingの生成で正確な属性値を算出
③ Cutting Drawing
  • Plate/Stripping Part-Detailして正確な加工図を生成
④ Assembly Drawing
  • Modeling ↔ Assembly Drawing Update双方向連動しRevision管理が容易
  • Location別、半自動化assembly drawing作業で迅速かつ正確な図面を作成

2. Rule check(設計エラー検証システム)
    設計の品質管理を設計エラー検証システムによって以下のような設計エラーを3D Modeling段階で探し出す設計検証システムが含まれている

※設計エラー検証システム
  • 隣接PanelのBevel Side Check
  • HoleとBoundaryまたは部材間の距離Check
  • Hole、Notchと他の部材との干渉または距離Check
  • ScallopとNotch、Slot Holeとの距離Check
  • 非対称Slothole Checkk
  • 隣接部材との干渉Check
  • 隣接Panel Plateと段差がある場合、Chamferの有無Check
  • Part Excess Check
  • Butt seamと平行に取り付けられる部品Check

外板の主な特徴

 

図面自動生成

3D環境でInteractive OperationでProfile LandingとPlate、stiffenerを生成することができ、3DモデルからTemplate Drawing、Profile Bending Drawing、Pin-Jigなどの図面を自動/半自動で生成する。

外板展開

Shell Plateはストリップ分割方式で展開され、実績船との結果、比較でも同等もしくはより優れた品質であることを確認

  • 3D Modeling段階でリアルタイム生成→検図→確認→修正が迅速で正確に適用
  • ストリップ個数、展開中心軸などの設定によって展開結果の修正可能